タクシー会社にルートサンプリングを導入し指名率とリピート率を向上!

コロナ下でタクシー利用が減り、またドライバー高齢化が進んだことでタクシー業界に淘汰の波が来ようとしています。


そこで役立つのが、ルートサンプリングを活用した差別化です。費用0円で開始でき、サービスの品質向上につなげることが出来ます。


そもそもルートサンプリングとは

ルートサンプリングは、企業が商品ブランドのサンプル品や試供品を配布する「サンプリング」活動のうち、施設や店舗、会員登録者など、ルートやターゲットを限定して行う広告方法です。


飲食店や商業施設、学校などで、サンプル品を配布することで成り立ちます。


このルートサンプリングにより、自社は「コスト0」でサービスを行うことができ、お客さんは「お得」になり、メーカーは「宣伝」になります。
そのためタクシー業界にとって、企業の宣伝活動を代理で行うことで試供品を無料で仕入れることができ、従業員や利用者の満足度を高めることが可能になります。


この記事では、タクシー会社がサンプル品を導入することでどのようなメリットがあるかを考えていきます。


「ヨブタメ」の詳しい解説記事はこちら!


朝にコーヒーや栄養ドリンクを手渡し


ドライバーに「ヨブタメ」で仕入れた缶コーヒーを1パック渡すことから1日を始めてみるという手があります。ドライバー自身が飲んでも良いですし、朝の忙しい時間帯に利用するビジネスマンへ、自社のタクシーを利用したお礼としてコーヒーを手渡せば、ブランド力の向上に繋がります。


「車内でゆっくり飲んでほしい」とお考えであれば出発前にお渡しすることも出来ますし、「車内に缶を残さないで欲しい」ということであれば会計時に渡すのがよいでしょう。


近年は「リモート」が流行し、人同士の交流が希薄となっているため、こうした人対人のサービスは喜ばれやすい状況にあると言えます。


雨の日にティッシュやタオルを予め用意


雨の日にタクシーに駆け込まれるお客さまもいらっしゃると思います。こうしたタクシーに乗降する際は雨に濡れやすいので、タオルがあると喜ばれるはずです。理想はそのまま渡せるもの。難しければティッシュ等でも喜ばれます。


実際、すでに傘をさして雨の日の乗降を介助するタクシー会社も存在します。「雨に濡れず済んだ」「運転手が気遣いしてくれた」という印象は、当事者が考えている以上に大きなものとなります。


子どもにお菓子のプレゼント


子供の頃、タクシーに乗った際にドライバーからお菓子やお駄賃をもらった経験はありませんか。


こうした経験は、子供心に「タクシーを運転してもらった上にプレゼントまでくれた」というおもてなしの体験として、いつまでも記憶に残ります。


将来への投資というと少々打算的ではありますが、目先の利益ではなく将来に渡り地域の顧客と関係を築くという視点で、アメやグミなど万人受けするお菓子を常備しておくのもおすすめです。


タクシー会社向けサンプル品の仕入れは「ヨブタメ」が一番簡単!

ヨブタメは、タクシー会社が試供品・サンプル品を無料で利用できるサービスです。


たとえば缶コーヒーをサンプル配布することで、無料でもらえる「お得感」「イメージアップ」「リピート率」「福利厚生」が可能になります。


手続きは簡単。会員登録をして、気になった商品をリクエストするだけです。この機会にぜひ、お試しください。


▶「ヨブタメ」への登録はこちら
自社商品を配りたい企業様はこちら