小学校で「ルートサンプリング」に取り組むメリットとは?

こんにちは、ルートサンプリングを行っているセンデン株式会社です。この記事では、小学校でのルートサンプリングについて解説します。手法や事例、メリット・デメリットなどを幅広く解説します。



小学校でのオススメのルートサンプリング方法とは



小学校で実施するルートサンプリングは、下記のような方法が考えられます。

- ホームルーム等で先生から児童に直接配布する
- 給食の時間に食品や衛生用品の一部として配布する
- 大放課などの休憩時間を活用し、校庭等で配布する
- 遠足や学習発表会などの行事の際に配布する
- 登下校中の時間に校門や通学路で配布する


小学校におけるサンプリングターゲット


- 小学生

- 自分の子どもを学校に通わせている親


小学校でのルートサンプリング実施方法



小学校で実施するルートサンプリングの事例としては、下記のような幅広い取り組みが実施可能です。

- 朝の会、帰りの会などでノートや文具類を配布
- 給食中にカルシウム飲料や歯ブラシ、マスクなどを配布
- 放課中にハンドソープの体験コーナーを設け、あわせて家庭向けにミニチラシを配布
- 遠足時の汗拭き用ウェットタオルや観光ガイド用のタブレット端末などをおためし


小学校でルートサンプリングに取り組むメリット・デメリット



小学校でルートサンプリングをオススメする理由は、何よりも「高い効率で最大の効果を挙げやすい」ためです。

小学生でのルートサンプリングは、6~12歳に向け、学区単位で細かいターゲティングができます。さらに、30人前後のターゲットに短時間でサンプリングを実施できることも魅力です。

地域や年齢が限定されているため、たとえば子ども向けのお菓子などを小学校でルートサンプリングし、その周辺のコンビニやスーパー等の売れ行きを見ることで、宣伝効果の測定を簡単に行えるなどのベネフィットがあります。

逆に、小学校に通う年齢層以外へのアプローチが難しいこと、教育現場で扱えないものを配布できないことなどはデメリットです。

例えば酒類やタバコといった未成年が試せないものはもちろんNG。さらに、校則で学内に持ち込みができないと決められているものも厳しいでしょう。また、お菓子や清涼飲料水といったアイテムを配布する場合は、児童の発育や学習に有用なものでなければOKが出ない可能性もあります。



小学校でのルートサンプリングならお任せください



センデン株式会社は、ルートサンプリング事業やインターネットサンプリング事業の運営を通じ、多くの配布先を持っております。この独自の流通データや情報網を元に、的確なサンプリング先をご案内いたします。

また、「ルートサンプリングをしたいメーカー、サービス各社」と、「配りたい企業や団体」をマッチングさせるBtoBサービス「ヨブタメ」の運営もしており、この流通データをもとにした幅広い業界へのルートサンプリングは、有り難い事にご好評を頂いております。

「自社商品を知ってもらいたい!」「ブランディングしたい!」「サンプリングをやってみたい!」とお考えの皆様、ぜひ一度こちらよりお問い合わせください。

【お問い合わせください】「もっと宣伝効果を高めたい!」とお考えの皆様

トップページ