飲食店・保育園・オフィス…【ルートサンプリング】したい場合の配布先は?方法は?

商品のコンセプトやターゲットが定まっていて、品質にも自信があるのに、なかなか売れない…


そんな悩みを持つメーカーさんが非常に増えております。


リアルの接点が減少し、ネットばかりが伸びていく中で、「実際に試して買う」機会が大きく減ったためです。最近だと街なかのティッシュ配りやスーパーの試食もだいぶ減りましたよね。


そんなときに有効になるのはルートサンプリングです。


ルートサンプリングとは?

ルートサンプリングは、企業が商品ブランドのサンプル品や試供品を配布する「サンプリング」活動のうち、施設や店舗、会員登録者など、ルートやターゲットを限定して行う広告方法です。


これにより、リアルの接点を増やせる上に、場所を絞って設置することでより戦略的なマーケティングを行うことが出来ます。


ルートサンプリング品の配布方法


この「ルートサンプリング」がよくみられるのが、美容室や保育園、トレーニングジムやクリニックです。


・美容室でのルートサンプリング


主にヘアケア用品が置かれます。シャンプーやコンディショナー、ワックスの試供品が配布され、購入によっては美容師の手柄として給与や評価に反映される場合もあります。


・保育園でのルートサンプリング


園にお迎えに上がる際の出入り口に設置されたり、先生から直で手渡しされるチラシや冊子などが中心です。地元情報がまとまった冊子、子育てグッズやおもちゃ、通信教育、英会話教室の勧誘、歯医者やウォーターサーバー、保険の宣伝など、案外根強いニーズがあります。


・トレーニングジムでのルートサンプリング


ジム会員向けにサプリメントやドリンク類が配布される場合があります。手渡しで配布されることもあるため、リーチ率は高まります。
若年層の女性比率が高いのが特徴で、情報感度も高いことから良い宣伝効果が見込めます。


同様の例でヨガスタジオにおけるルートサンプリングもあります。


・オフィスでのルートサンプリング


主に従業員の福利厚生として、大手中小を問わずオフィス内のお菓子置き場などに置かれます。


20代〜60代の幅広い層にリーチできる一方、企業を限ることができ、例えばエナジー系の飲料をベンチャー企業に届けてみるなどの工夫が可能です。


ルートサンプリングならヨブタメ

「ヨブタメ」はルートサンプリング品を配りたい・もらいたい企業をマッチングさせることで、双方の宣伝活動を円滑にすることができます。


メーカーは配布依頼、ユーザーは試供品提供依頼を相互に行うことができ、サンプリングの場を広げることが可能です。


小ロットでの利用もOK、さらにはフードロス削減のため、加工食品や農作物のやり取りを行うことができるため、SDGsの推進にも繋がります。


ヨブタメを活かして、イベント用のルートサンプリング品を無料で仕入れて見てください!


ヨブタメとは?使い方 
ヨブタメの登録コチラ